Home/ 施工例-住宅

重量鉄骨の家「段原H邸」
注文住宅 重量鉄骨 鉄骨造

投稿日:2009年1月30日, 更新日:2018年2月2日, 閲覧回数:8,449 回, このエントリーをはてなブックマークに追加

外観
玄関ホール

1.建築概要

3F 廊下

  • 用途・延べ床:住宅、ガレージ 178㎡(54坪)
  • 構造・規模:重量鉄骨(外壁、屋根部は木造)・3階建て
  • 設計・監理:仲村設計工房
  • 監修・施工監理:建築工房ノーマン
  • 建築手法:CM方式(施主による直接発注方式)

仕 様

  • 外 壁:漆喰塗り、サイディング張り
  • 屋 根:ガルバリューム鋼板葺き
  • 床:パイン無垢フローリング張り
  • 壁,天井:ウッドチップ入り紙クロス貼り
  • 塗 装:ドイツ自然塗料塗り

2.建築するまでの過程:『重量鉄骨+木造外皮』

広島市南区 段原開発地域内の、幹線道路より1本裏へ入った比較的静かな場所に建っています。

30坪の敷地に母親、長男、長女そしてまだ幼い子供の計4人のためのスペースとバイク置場 駐車場を確保する設計でした。

1階は 玄関、ガレージ、2階は、LDK、個室、水廻り、3階は個室をコンパクトにまとめ、全体としては、和風が感じ取れる空間としました。

「住まいは木造」で、という思いから当初は木造2階建ての計画でしたが、1階にガレージが必要になり、コスト・構造・法規上 骨組みは鉄骨、屋根・外壁は木造という変則鉄骨3階建てという構造になりました。

内部の一部鉄骨を露出させ、鉄骨+木造が認識できます。外気に面する部分(屋根、外壁など)を木造とすることで、鉄骨造で起こりがちな「壁体内結露」を極力回避しています。

3.建築手法のこだわり:『寒くない・暑くない』省エネ

今回 我々のテーマのひとつとして設備機器類は、極力少なくする方法をとりました。

LDK

蓄熱暖房

冬期の暖房は、灯油を運ばなくて済む蓄熱暖房機1台と階段室上部のシーリングファンのみで対応します。冬場でも素足で家中を自由に動き廻れる環境ができました。

エアコンは1台のみ

夏期の冷房は、3階階段室天井のエアコン1台のみで、まかないます。

※冬場、暖房が不足した時にも使えます。

自然素材

直接、身体が触れる部分には、パイン無垢材、ドイツの自然塗料、ドイツのウッドチップ紙クロスなどを使用しています。

「傷つきやすい」側面もありますが、人肌に近い素材と生活することは、子供の成長にも好い環境を提供できたと考えています。



健康&美食キッチン

2Fキッチンは電磁波を懸念されるIHヒーターではなく、「料理が美味しく出来上がる」と好評の遠赤外線ヒーターを採用しました。

漆喰塗りの外観

外観についても、正面だけではありますが、余計な体裁にお金をかけず、時間の経過とともに味わいが出てくる 手触りの残る漆喰塗り(NPJ仕様)の外壁としました。

廻りの住宅よりそっけなく目立たない外観かもしれません。

将来計画として、エレベーター設置も視野に入れてありこれからの家族の変化に柔軟に対応でき家族が生き生きとした暮らしのできる住まいになって欲しいと思っています。

見る人は見て下さっている

竣工後、完成見学会を行った。

広島に、こんなにお得な建築サービス(CM方式)が有ることをご存知ない方が殆どでした。開発地区なので、建築ラッシュだったのですが、ご近所の地域精通の方?から「ここだけは他の建築中の家とは格段にレベルが違っていた。全く別格だった」とお褒めの言葉を頂いたのは、とても光栄でした♪。


4.建て主の感想

  • 蓄熱暖房機1台だけで家中どこの部屋も程良い暖かさです
  • 素足での生活がとても気持ちよいです
  • オール電化なのにIHヒーターではなく、遠赤調理器なので電磁波の心配も無く、料理がとても美味しく作れます
  • お陰でBMWのバイクがガレージに心地よく同居しています

(文責:仲村 正夫)


▲このページのトップへ

文書(ページ)情報
区分施工例 > 住宅
掲載日2009年1月30日
更新日2018年2月2日
閲覧回数8,449 回
参考度
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...
Bookmark add to hatena hatena.comment (0) add to del.icio.us (0) add to livedoor.clip (0) add to Yahoo!Bookmark (0) Total: 0
Trackbackhttp://www.npj.jp/pj/wp-trackback.php?p=161
掲載者NPJ管理者
問合せ
【フォーム】
NPJ DESIGN(日建プロジェクト)
住所:〒731-5127 広島市佐伯区五日市3丁目4-25
TEL:(082)208-3001     FAX:(082)208-3002
(e-mail:info@npj.jp)

▲このページのトップへ