Home/ 施工例-店舗

普通の家 『現代和民家』  ギャラリー大町
リフォーム 改装

投稿日:2008年11月22日, 更新日:2018年2月2日, 閲覧回数:7,726 回, このエントリーをはてなブックマークに追加

1.建築概要




  • 用途・延べ床:ギャラリー、住宅、ガレージ(2台) 合計 164㎡(50坪)
  • 構造・規模:木造(在来工法)・2階建て
  • 設計・監理:仲村設計工房

仕 様

  • 外 壁:ラスモルタル塗り、リシン吹付け
  • 屋 根:石州瓦葺き
  • 床:モルタルコテ押え、フローリング張り
  • 壁:珪藻土クロス貼り 、杉板張り
  • 天井 :岩綿吸音板張り
  • 塗 装:ベンガラ,柿渋塗り

 

2.建築するまでの過程

施主のSさんは、退職後、夫婦二人で、自宅を使って貸ギャラリーを営みたいと、いろんな住宅兼ギャラリーを見て回られたようですが、どれも何かが違うと思われていました。

そうしたお二人とある会を通じて知り合い、相談を受けました。最初はリフォームを考えておられたようですが、最終的には古い住宅を壊して建替えすることとなりました。

設計、施工と事故も無く進み1年後に完成、カフェ&貸し画廊のギャラリー大町として2005年11月にオープンしました。

3.建築手法のこだわり

ご夫妻共こだわりのある方で、古い玄関外門格子戸が着工前にすでに入手して在りました。

又、骨董屋さんで、ギャラリーと住宅の玄関扉用に2枚の蔵戸、ギャラリーの収納庫兼展示台用に押入箪笥等を求めておられました。そして放って置けばゴミになる、古瓦、古い建具、梁、束石等もできるだけ再利用することを希望されていました。

このため、結果的に、完成した家は一見古民家をリフォームした感じになりました。



銘木をふんだんに使ったぴかぴかの家もいいですが簡素で、流行に左右されず、使い込んだジーンズの様に愛着の持てる普通の家も良いのでは。

大切なのは、毎日の生活を楽しみ、落ち着いた暮らし方ができる家かどうかではないでしょうか。

4.建築上のこだわり

当たり前の事ですが、庇はできるだけ設けるべきだと思います。出が600~1500まで場所によって替えています。

玄関上の小さな格子窓は、蔵風にしています。

1階玄関先の軒下の低さと引きを取った空間があります。暑い夏も軒先に、簾を掛ければGoodです。

住まいは建物だけでなく、外部空間がとても大切と思っています。

塀は風が入る様、板塀としました。

庭は、ご夫妻の手作りです。

2階6帖の予備室です。天井も低めです。腰窓も低くして窓台に腰掛けるようになっています。その下には、無双窓を設け天気の良い日にはかわいい猫ちゃんが、寝そべっています。風が地窓を通して床を舐めるように入ってきます。

ペンダントは、イサム・ノグチデザインのAKARIです。

右の襖は、押入れとお仏壇が入っています。

5.建て主の感想

場所が、少しわかりにくいカフェ&ギャラリーですが、そこが隠れ家的で良いとの声も・・・・

時を経る毎に、素敵な空間になっている様です。

来られた方が、倉敷に来たようですと話されていました。

少しずつですが、地域の人達が集う処点になりつつあります

オール電化住宅で、電気代が助かりますとの事・・・・

6.ギャラリー大町さん

アクセス:アストラムライン大町駅より 西方に徒歩1分

HP:ギャラリー大町

関連記事:ちょい悪おやじの「住まいと感性」『でくのぼう展』-2


▲このページのトップへ

文書(ページ)情報
区分施工例 > 店舗
掲載日2008年11月22日
更新日2018年2月2日
閲覧回数7,726 回
参考度
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...
Bookmark add to hatena hatena.comment (0) add to del.icio.us (0) add to livedoor.clip (0) add to Yahoo!Bookmark (0) Total: 0
Trackbackhttp://www.npj.jp/pj/wp-trackback.php?p=34
掲載者NPJ管理者
問合せ
【フォーム】
NPJ DESIGN(日建プロジェクト)
住所:〒731-5127 広島市佐伯区五日市3丁目4-25
TEL:(082)208-3001     FAX:(082)208-3002
(e-mail:info@npj.jp)

▲このページのトップへ