Home/ 解説-建材

『ガラスブロック』

投稿日:2008年12月18日, 更新日:2008年12月19日, 閲覧回数:8,995 回, このエントリーをはてなブックマークに追加

ガラスブロック(Glass Block)は2枚のガラスを溶着して造ります。遮熱・防音・防火性能を兼ね備えており、壁面の採光用として使います。

※天井、床に使う場合「デッキグラス」と言い分ける場合がある。

厚さは5~10センチ程度で、四角形のモノが多いのですが、円筒状もあります。大きさは10~20センチ程度が主流。イタリアでは50センチ程度まで使われているようです。

色は「透明」が主流でしたが、日本でも赤、青、黄など色物が製造され始め、表面形状と共にバリエーションが豊富になってきました。

目地をとり、レンガのように積み上げ、壁面を構成する使い方が多いようです。

私は殆どの場合、ワンポイントで使っています。それと、、、好んでイタリア製を使います。カラーバリエーションが豊富で、元々ガラス本来の透明度が日本の製品より優れているようです。

使用例

文責:野間 泰治(一級建築士・NPJ主宰)


▲このページのトップへ

文書(ページ)情報
区分解説 > 建材
掲載日2008年12月18日
更新日2008年12月19日
閲覧回数8,995 回
参考度
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...
Bookmark add to hatena hatena.comment (0) add to del.icio.us (0) add to livedoor.clip (0) add to Yahoo!Bookmark (0) Total: 0
Trackbackhttp://www.npj.jp/wp-trackback.php?p=141
掲載者NPJ管理者
問合せ
【フォーム】
NPJ DESIGN(日建プロジェクト)
住所:〒731-5127 広島市佐伯区五日市3丁目4-25
TEL:(082)208-3001     FAX:(082)208-3002
(e-mail:info@npj.jp)

▲このページのトップへ