Home/ 解説-方法

『スキップフロアー』

投稿日:2008年12月18日, 更新日:2008年12月18日, 閲覧回数:6,214 回, このエントリーをはてなブックマークに追加

スキップフロアー(Skip Floor)は、階が上下に複層する場合、各階を半階程度ずらしながら、建物を構成する形式。よく言う「中二階」等を採用した住まいは、この形式が多い。

利点は、各室空間が立体的につながり、独立性と共有性が程よく構成できると、平面的な構成よりも動きのあるリズミカルな住まいが期待できる。

また、マンション等で採用すれば、廊下の数やエレベーターの停まる階を少なく出来るなどのメリットもある。

注意点は水平・垂直ラインを統一し難いので、構造上の強度バランスを確実にとって構成しておく必要がある。

似たような形式で「メゾネット」があります。マンション(共同住宅)における「各戸が2層以上」で構成されている形式です。テラスハウスの殆どがこの形式を採用しています。

採用例

文責:野間 泰治(一級建築士・NPJ主宰)


▲このページのトップへ

文書(ページ)情報
区分解説 > 方法
掲載日2008年12月18日
更新日2008年12月18日
閲覧回数6,214 回
参考度
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...
Bookmark add to hatena hatena.comment (0) add to del.icio.us (0) add to livedoor.clip (0) add to Yahoo!Bookmark (0) Total: 0
Trackbackhttp://www.npj.jp/wp-trackback.php?p=144
掲載者NPJ管理者
問合せ
【フォーム】
NPJ DESIGN(日建プロジェクト)
住所:〒731-5127 広島市佐伯区五日市3丁目4-25
TEL:(082)208-3001     FAX:(082)208-3002
(e-mail:info@npj.jp)

▲このページのトップへ